当サイトテーマSWELLについてはこちら 詳しくはこちら

【簡単】パワーポイントでTwitterのヘッダー作成|手順を画像付きで解説!

Twitterのヘッダーは自分のコンセプトに合ったものになっていますか?

  • なんだかめんどうで、適当に保存してあった写真を使っている
  • Canvaで作成したが、自分のイメージ通りにはならなかった
  • 作り方がわからないので、初期設定のまま

このような方も多いのではないでしょうか?

ヘッダー部分は優先度が低く後回しにされがちですよね。

しかしヘッダーはプロフィールをクリックしてくれた方が一番先に目にする部分です。アカウントとしての雰囲気を伝え、興味を持ってもらえるかを左右する重要な部分です。

この記事で紹介する『誰でも簡単にできるパワーポイントでのTwitterヘッダー作成方法』を実践すると誰でも簡単に魅力的なヘッダーを作成することができます。

なぜなら、この記事では画像を多く使い、ステップを分け具体的かつ実践可能な方法に落とし込み紹介しているからです。私自身、ヘッダーを変更してからフォロワー数増加しています。

まずは、なぜヘッダーを作成する必要があるのかを紹介し、その後STEP1~6の手順で作成の注意点と方法を具体的にご紹介していきます。

この記事を読み終えると、自分のイメージに合ったヘッダーを簡単に作成できるようになり、プロフィールを見た方がコンセプトを理解しアカウントに興味をもってもらいやすくなります。

目次

Twitterのヘッダーでアカウントの雰囲気が決まる

アカウントの雰囲気を決定付ける

プロフィールの中で表示範囲が広く、最上部に位置するので最初に目につく部分です。アカウントの雰囲気を左右します。

この部分で

・なんとなく暗い
・画像がはみ出しすぎていて
 何を言いたいかわからない

となると、活発でない印象や、雑な印象をもたれる原因になりかねません。

発信内容が有益であるにも関わらず、プロフィールの部分で興味を持たれなくなってしまうのはもったいないですよね。

是非、一度確認しご自身のコンセプトに合っているか?を見直してみましょう。

不満足なものであるならば再作成を考えましょう。

それではパワーポイントで簡単に作る方法をお伝えしていきます。

パワーポイントでの簡単Twitterヘッダー作成方法

STEP01 パワーポイントのサイズ設定をする

Twitterのヘッダー画像は

幅1500px 高さ500pxとなっています。

pxだとわかりにくですね。パワーポイントはcm表記なのでcmに置き換えると

幅39.69cm 高さ13.23cm です。

このサイズにスライドサイズを変更していきましょう。

変更方法

パワーポイントスライドサイズ変更

上部デザインからスライドのサイズを選択します。

スライドの向きの変え方

サイズ指定をユーザー設定にし

幅を39.69cm  高さを13.23cmに設定しOKを押します。

すると

Twitterヘッダーサイズ

ヘッダーのサイズになりましたね。

このサイズでヘッダーを作成していきます。

STEP02 表示される範囲を理解する

Twitterのヘッダーは隠れる部分があります

その部分を避けてデザインしないと、折角作っても「見えない」という状況になってしまいます。

隠れる部分としては

  • アイコン
  • 時計・充電マーク
  • 矢印マーク
  • 検索アイコン
  • 機種によってインカメラ部分

とたくさんあります。

この隠れる部分はスマホとPCとで若干異なります。

またスマホでもandroidとiphoneでも若干異なるようです。

今回はiphone 11 とwindows10のものを紹介しますが大きな差はないので、汎用性はあるかと思います。

それでは確認していきましょう。

スマホ版非表示部分

非表示部分

Twitter ヘッダー非表示部分

非表示にされる部分を塗りつぶししています。

実際のスマホ画面

スマホ表示

こんな形で表示されます。

スマホ版の場合隠れる場所は

  • 上1/4程度
  • 左下部のアイコン
  • 真ん中左右にある矢印と検索ボタン

上部の時計・充電マークの部分は透過しているのでイラストを重ねる分には問題なさそうです。

基本的に上部1/4と左下部にはテキスト・イラストは配置しないでおきましょう。

PC非表示部分

Twitterヘッダー非常時 PC

PCでは左下のアイコンがスマホ版と比べて大きく表示されます。

統合版

Twitterヘッダー 非表示 統合

スマホとPCの非表示部分を合わせたものになります。

この範囲内で作成すれば、ほとんどのデバイスで上手く表示されます。

STEP03 参考イメージを持つ

いざ作成しようとなっても、デザイン経験がないとどう構成すれば良いかがわからないですよね。

そういうときは参考となる画像を探しましょう。

方法としては

①実際にTwitterで同じジャンルの方のヘッダーをみる

もちろんパクってはダメですよ。あくまでも構成を参考にしましょう。

②Pinterestで検索する

Pinterestは画像を中心としたSNSです。細かい説明は今回省略させていただきます。

Pinterestで自分のイメージするキーワードで検索します

例えば「シンプル」「スタイリッシュ」「ビジネス」「読書」など

するとそれに関連した画像がずらーっと並びます。

色合いや構成を参考にして作成すると、自分のアカウントイメージに沿ったデザインで作成できます。

作成するスライド横に画像として貼り付け、比較しながら作るとイメージに合ったものを作成しやすいですよ。

STEP04 画像・を挿入する

サイズ設定ができ、表示される部分を把握したら画像・テキストを挿入していきましょう。

ここでの悩みとしては

・自分で良い画像を持っていない
・イラストを描くことができない
・デザインセンスがない

あたりではないでしょうか?非常にわかります。私もすべて並以下でした。

安心して下さい。今はクオリティーの高い素材が全て無料で手に入ります。使用しない手はないですね。

おすすめのフリー素材紹介(イラスト→イラストAC  写真→オーダン)

イラストAC

イラストに関して大道ですね。

無料登録で利用することができます。無料版だとダウンロードに15秒時間要し、ダウンロード数9枚に制限されています。
プレミアム会員であれば枚数制限なし。

商用利用可

ちょうどいいイラスト

その名の通りちょうどいい感じです。

キャラクターや物のイラストを使用したい時におすすめです。

商用利用可
クレジット表記不要

Linustock(ライナストック)

線画でユニークなイラストが多くなっています。

基本は線のみですが色付きパターンも準備されているのが良いですね。

商用利用可
クレジット表記不要

時短だ

その名の通り時短できます。20枚まで無料。

基本テイストを統一したフリー素材サイトが多いですが

時短だは様々なテイストのイラストが準備されています。

なので、自分のイメージに合うものを探しやすいです。

商用利用可
クレジット表記不要

O-DAN(オーダン)

写真の背景を探すならO-DAN1つで問題なしです。

複数サイトの横断して検索してくれるので枚数がとにかく多いです。

外国のサイトなので、日本人を探している場合はおすすめできません。

商用利用可(ホーム画面で商用利用可の無料写真素材のみをチェック)

クレジット表記不要

これらのフリー素材サイトを利用すれば、そこそこデザインは問題なく作成できます。

画像の挿入方法

上記のフリー素材から使用したい画像をダウンロード後

STEP
パワーポイント内にドラッグアンドドロップで挿入

ダウンロードした画像をドラッグしてパワーポイントのスライド内にドロップします。

そのままだとサイズが合わないので調整が必要です。

STEP
画像のサイズ調整

ヘッダーは細長いため、サイズが合いにくいです。

なので、まずは横幅を合うように画像を大きくします。

このとき縦横比が変わらないようにしましょう。

横サイズが一致したらトリミングで縦サイズをあわせます。

STEP
トリミング
パワーポイントでのトリミング方法

図形形式→トリミング→縦のサイズをトリミングで修正

テキストの挿入方法

画像が挿入できたら、テキストを入れていきましょう。

テキストボックス挿入

テキストは挿入→テキストボックス→ボックスを表示させたい部分に配置。

配置する際は先程の表示範囲を意識して配置します。

スマホ表示を意識してテキストのサイズは大きめにしましょう。

STEP05 スライドを画像に変換

完成したらパワーポイントのスライドを画像に変換していきましょう。

スライドを画像変換

ファイル→エクスポート→ファイルの種類変更→JPEGファイル交換形式で保存先を選択し保存。

これで画像として保存されたので、Twitterのヘッダー画像として使用することができます。

STEP06 Twitterのヘッダーに挿入する

Twitterヘッダーへ挿入

PCでTwitterを開き、プロフィールを編集。

Twitterヘッダー挿入カメラから

ヘッダーのカメラアイコンから作成した画像を挿入しましょう。

挿入されたら実際にスマホやPCで表示を確認しましょう。

チェックポイント

  • 表示させたいテキストイラストが隠れていないか
  • 十分に可読できるテキストサイズか

気になる点があれば再度パワーポイントにて修正していきましょう。

その他のヘッダー作成方法

ここまでやって、

「やっぱりダメだ、納得いくものができない!」

となったら、外部ツールに頼るのもよしです。

おすすめは

Canva

Canvaはとにかくデザインが豊富。

TwitterのヘッダーからYoutubeサムネイル、InstaglamなどのSNSで活用するデザインから

チラシ、プレゼン資料、パンフレットなどの作成までオシャレなデザインを提案してくれます。

さらに自分に合うように文字や画像を変更できるのも良いですね。

デザインに自信のない方は非常におすすめです。

ココナラ

ココナラでも「Twitterのヘッダーつくります」と出品されている方多いです。

2000円~3000円で、伝えたアカウントのイメージに合ったヘッダーを作成してくれます。

バナープラス

超簡単!自分で「凄いバナー」が作れる!【バナープラス】

プロが作成した高品質の画像パーツを組み合わせて、一つの画像を作成することができます。

初心者の方でもわかりやすい操作方法でプロ顔負けのクオリティーでバナー・ヘッダーを作成することができます。

おまけ

今回お伝えした方法で作成したヘッダーを数点紹介します。

どれも作成時間は10分程度です。

そこそこのデザインであればすぐ作れますよ。

Twitter攻略法の参考ヘッダー 

イラストACで放射状のイラストをダウンロードして背景に設定

あとはテキストでコンセプトを記載 伝えたいイメージに合わせて文字色を決定。

読書の参考ヘッダー

こちらはO-DANで読書と検索し、画像をダウンロード。

読書好きのアカウントのイメージで作成しました。

突き抜ける参考ヘッダー

こちらは3分ですね。はい。コンセプトのイメージに合った背景を設定すればそこそこにはなりますね。何が突き抜けているのかはわかりません。

まとめ

パワーポイントでもTwitterのヘッダーサイズに調整し、表示される部分を意識すれば、十分に使えるものが作成できます。

ポイントとしては

  • 表示される部分を意識する
  • 自分のアカウントイメージに合った画像を選択する
  • 文字を見やすくする

今回の記事のSTEP通りに実施していただければ誰でも簡単にお気に入りのヘッダーを作成することができます。

ご自身のヘッダーを見直し、イメージに合っていない。隠れてしまって見にくいなど気になる点がある方はぜひ、作成してみて下さい。

スライド楽に作りたい。素材探しが大変という方はプロが作ったデザインを使えるCanvaを活用してみてください。

デザインで生産性を向上

Officeソフトをお手頃な値段で利用したければこちらがおすすめ

コストは最小限、必要機能は十分。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる