当サイトテーマSWELLについてはこちら 詳しくはこちら

【発表も安心】パワーポイントをノート付きで印刷する|複数スライド+ノート印刷

パワーポイントのノート印刷の方法

スライドを印刷する際にこんな悩みありませんか?

・ノートに記載した内容を
 スライドと一緒に印刷したい
・発表用原稿にノートの
 内容を印刷しておきたい
・配布資料にノートの情報を
 追加して渡したい
・でもノートの印刷の仕方が
 わからない

このような悩みを今回の記事では全て解決していきます。

スライドを完璧に作成しても、プレゼンの際に

  • 話す内容が飛んでしまった
  • 補足として伝える内容を忘れてしまった

となると伝わらないプレゼンになってしまいます。

そんなときに、ノートの内容を印刷し手元に置いておけば頭が真っ白になってしまっても安心。すぐに思い出すことができます。

この記事では「パワーポイントをノートつきで印刷する方法」を解説。

その中で「複数スライドを1枚にまとめて印刷する方法」「メモ欄付きで印刷する方法」なども解説していきます。

この記事を読むことで自分にあった発表用原稿を作成

その結果自信をもってプレゼンに望むことができるようになります。

また、配布資料として渡す際もただスライドをのせるだけだと伝わりにくい。

ノートに記載した補足情報をスライドとセットで配布できるようになるので見直す際に有効活用できます。

ノート印刷を目的に応じて使いこなしていきましょう。

ノートの基本的な作り方やPCにカンペとして映す方法はこちらで解説しています

ノートに発表原稿を記載し印刷。
手元に置いておけば発表時も安心できますね。

目次

ノートの印刷目的は大きく2つ

  1. 発表用原稿
  2. 配布資料

ノートの印刷目的は発表用原稿として使用する場合と配布資料として使用する場合があります。

発表用原稿

ノートに記載した内容をプレゼン時の原稿として使用します。

スライドは情報量を絞っているので、多くは口頭で説明します。

そのため説明する内容が飛んでしまうと焦ってしまいますね。

そんなときに原稿を手元に印刷しておくと安心

紙で印刷し手書きのメモやマーカーを引きたいという方は印刷しておきましょう。

印刷する方法以外にもノートに記載した内容を「手元のPC画面に映す」方法もあります。

詳しくはこちらで解説

【流暢プレゼン】パワーポイントノートの使い方|発表時にカンペを表示して安心!

配布資料

スライドに情報が詰め込まれている場合、スライドをそのまま配布資料として使えますが

大抵はスライドの情報を絞っているためスライドのみでは理解しにくい

そのため配布資料では補足説明を入れて配布すると親切です。

スライド+ノートで印刷していきましょう。

印刷方法についてそれぞれ解説していきます。

発表用原稿を印刷するために

  • スライドとノートをセットで印刷する
  • ノートの位置・文字サイズを変更する
  • 複数のスライドとノートを1枚にまとめて印刷する

について紹介していきます。

スライドとノートを合わせて印刷する

スライドとノートを一緒に印刷

スライドとノートをセットで印刷する方法

STEP
印刷設定へ
印刷設定でフルページサイズのスライドを選択

「印刷設定」→「フルページサイズのスライド」から

STEP
印刷レイアウトをノートに
ノートを選択する

「印刷レイアウト」を「ノート」に変更すると

スライドとノートがセットで印刷される

スライドとノートをセットで印刷できるようになる。

ノートの設定を変更するにはノートマスターを使う

ノートに表示される文字サイズやノートの表示範囲をノートマスターで一括カスタマイズすることができます。

使用用途に合わせて変更していきましょう。

ノートマスターの開き方

表示からノートマスターを選択

「表示」→「ノートマスター」

ノートマスターを開く

ノートマスターを開くことができる。

このノートマスターで設定すれば全てのスライドに反映させることができます。

文字サイズを変更する

印刷時のノートに表示される文字サイズを変更したい場合は

STEP
ノートマスターを開きテキストボックスを選択
変更したいボックスを選択

テキストボックスを選択

STEP
文字サイズを変更
文字サイズを変更

通常の文字サイズ変更と同様に調整

STEP
ノートを開き確認
ノート表示にする

スライドマスターを閉じ表示を「ノート」にして変更されたかを確認

ノートの文字が大きくなった

大きく表示させることができました。

ノートの表示範囲・位置を変更する

ノートの表示範囲や位置を変更することもできます。

変更方法

STEP
ノートマスターを開きレイアウトを調整する
ノートとスライドの位置を変更

今回はスライドを下に、ノートを上に配置しノートの幅を狭くしています。

STEP
元スライドに戻り確認
位置がずれている

変更したにも関わらず

テキストが変な位置に!

そんなときは

ノートのレイアウトを選択

「右クリック」から「ノートのレイアウト」で「マスターと同じ」にチェックを入れてください。

このチェックが入っていないことでノートマスターの変更が反映されていなかったのです。

マスターと同じにチェックを入れる
修正できた

ノートマスターで設定したレイアウトになりました。

ノート以外の全体の設定変更は「スライドマスター」で行うことができます。

こちらの記事も参考にしてください。

【圧倒的時短】パワポスライドマスターの使い方|おすすめ設定5選

複数のスライドとノートを合わせて1枚に印刷

手元の原稿の枚数が増えるとめくる手間が増えます。

実際のプレゼンでは慌ててしまのでなるべく原稿の枚数は減らしていきたいですね。

そんなときにおすすめの「複数スライドとノートをまとめて印刷する方法」を解説します。

ワードにエクスポートして印刷する

1枚に複数のスライドとノートを詰め込みたい。

パワーポイントからの通常印刷でノートをまとめて印刷する機能はありません

それでも大丈夫。

一度ワードにエクスポートし印刷すればまとめて印刷することもできます。

スライド+ノートまとめ印刷の手順

STEP
ワードにエクスポートする
エクスポートから配布資料の作成を選択する

「ファイル」→「エクスポート」→「配布資料の作成」

スライド横のノートを選択

印刷時のスライドとノートのレイアウトを選択します。基本は「スライド横のノート」で良い。

これでWordに出力し配布資料を作成することができます。

STEP
ワードで確認
ワードにエクスポートされる
結果をワードで確認

複数のスライドとノートがセットでワードに貼り付けられました。

注意点として

スライドの枚数が多いとエクスポートに時間がかかったり、中断してしまう

その場合はスライドを分けてエクスポートしていきましょう。

印刷時に見切れてしまう場合の対処方法

ワードにエクスポートすると横向き印刷の状態。

それよりも

縦向きにし表示するスライドの数を増やしたい

というケースもありますね。

しかし縦向きにするとノートに記載した部分が見切れてしまいます

スライドを縦向きに変更する方法はこちら

パワーポイントスライドを縦へ変更したい!縦向スライド・縦書文字の設定方法を解説

縦向きに変更すると右端が見切れる
右端が見切れてしまう

「自動調整」機能を使えば見切れた部分を修正することができます。

方法は簡単

レイアウトから自動調整へ

「レイアウト」→「自動調整」

ウィンドウ幅に自動調整

「ウィンドウ幅に自動調整」でウィンドウの幅に合わせて調整してくれます。

幅が自動で調整される

ワードの横幅にきっちりと収まりました

ノートのみを印刷する方法

スライドは表示せず、ノートのみを印刷したい

という場合の設定方法を解説します。

STEP
ノートマスターで設定変更
ノートマスターを開く

「表示」→「ノートマスター」を開き

スライド部分を削除

上に表示されるスライド部分を削除

STEP
確認
スライドなしでノートのみに

スライドが削除されました。

「ノートマスター」や「ノート」でスライドを削除しても実際のスライドは削除されません。

自分の好みにあった発表用原稿を作成していきましょう。

配布資料を印刷する

ノートはプレゼン時の原稿のみでなく、参加者への配布資料としても有効活用できます。

ノートに原稿ではなく、スライドの補足説明を記載すれば配布資料を見るだけでプレゼンの内容がつかめるようになります。

またその他にも、メモ欄つきでスライド印刷する機能もあります。

スライドに補足説明をのせて印刷

ノートにスライドの補足説明を記載し前項の発表用原稿を印刷する方法で印刷すれば補足説明つきの資料を印刷することができます。

メモ欄付きのスライドを印刷する

メモ付で印刷したい場合は

印刷設定で3スライドを選択

「印刷設定」で「3スライド」を選択

メモ欄付きで印刷できる

メモ欄付きの状態で印刷することができます。

注意点

メモ欄をつけるには3スライドでの印刷しか方法がありません。

2スライドや4スライドにはできませんので注意。

まとめ

ノートを印刷する際の目的としては大きく2つ

  1. 発表用原稿
  2. 配布資料

発表用原稿として使用する際には

  • 1枚に1スライド1ノート
  • 1枚に複数スライドとノート

の印刷する方法があり、それぞれの印刷方法を解説しました。

1枚に1スライド1ノートを印刷したい場合は印刷画面で「ノート」を選択すればセットで印刷することができます。

1枚に複数スライドとノートを印刷する場合は「ファイル」→「エクスポート」→「配布資料」を実行することでワードに複数スライドとノートをまとめて印刷することができます。

複数スライドにまとめたほうが原稿の枚数が減るので発表時に混乱しにくくなります。

発表用原稿以外にも、配布資料の補足説明をノートに記載しセットで印刷すれば発表を聞くことができなくてもおおよその内容がわかる。後日振り返る際に内容を思い出しやすくなります。

また配布資料としてスライドとメモ欄をセットに印刷することもできます。

メモ欄を追加したいときは印刷画面で「3スライド」を選択することで印刷できます。

ノートを有効活用することで、自信を持ったプレゼンを行うことができるようになります。

ぜひ実践してみてください。

プレゼンをもっと学びたい

プレゼンをより磨き上げ

一発OKの出る資料を作りたい
感情を動かし成約につながるプレゼンをしたい

という方は世界最大級の学びのプラットフォームudemyがおすすめ

プレゼン学習も充実しています。

udemyで効率的にプレゼン学習

Office製品をなるべく安く購入したい

パワーポイントのノート印刷の方法

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる