当サイトテーマSWELLについてはこちら 詳しくはこちら

【パワポでできちゃう】オシャレな流体シェイプの作り方|画像でわかりやすく解説!

デザインする上でこんな悩みありませんか?

・なんだかシンプルすぎる
・古臭いデザインになってしまう
・アイキャッチが物足りない

そんな悩みの解消におすすめなのが流体シェイプです。

波面のような滑らかな曲線の流体シェイプ。

webサイトやアイキャッチ画像で良くみかけるようになりました。

曲線のデザインってなんだか難しそうですよね。

実はこれパワポでもできちゃうんです。

この記事で紹介する『パワポでできる流体シェイプの作成方法』に沿って実践すれば

誰でもオシャレな流体シェイプを作成することができます。

なざなら実際に、ノンデザイナーの私でもパワーポイントでこのようなデザインをつくることができました。

流体シェイプ 背景

この記事では流体シェイプはどのように使われるかを紹介し、

その後画像を多く活用し、具体的な流体シェイプの作成方法を紹介します。

この記事を読み終えれば、オシャレな流体シェイプを作成できるようになり

チラシデザインやパンフレット作成のレベルを上げることができますよ。

目次

流体シェイプってどのように使う?

流体シェイプ参考

Hello-Pixel – jp.freepik.com によって作成された background ベクトル

流体シェイプとは

流体シェイプは液体が波打つ時に生まれる曲線を取り入れたデザイン手法です。

使い方としては

  • 背景のデザイン
  • アイキャッチ
  • 境界線

などなど

曲線になるので、デザインに優しさや柔らかさを取り入れたい時におすすめです。

流体シェイプの取り入れ方

グラデーションと組み合わせる

流体シェイプ 参考 グラデーション

https://dribbble.com/shots/3840230-iphone-X-Banner-ad-design

波のような流体シェイプにグラデーションがかかっています。

流体シェイプとグラデーションは相性ばっちりですね。

とても柔らかく、美しい印象のデザインとなります。

複数の色を重ね合わせる

流体シェイプ参考 重ねる

Pikisuperstar – jp.freepik.com によって作成された banner ベクトル

流体シェイプ参考 重ねる

Brochure vector created by freepik – www.freepik.com

複数の流体シェイプを重ねることで奥行きのあるデザインができます。

このように流体シェイプは背景に活用したりアイキャッチに作成したり様々な場面で活用することができます。

流体シェイプの作り方

今回私はPhotoshop やIllustratorではなく

Power Pointを使用して作成してみました。

Power Pointでもそれなりのデザインは作成可能。

有料のツールまではちょっと…という方にはおすすめです。

具体的な作成方法について解説していきます。

流体シェイプの作成方法

STEP
曲線で任意の形を描いていく
流体シェイプ作り方
流体シェイプは曲線で作る

『図形』→『曲線』を選択

流体シェイプは曲線を描く

線を曲げたい部分をクリックしていくと、曲線ができる

曲線で図形を作る

曲線をつなぎ合わせると流体シェイプの完成です。

これだけだと味気ないので流体シェイプと相性の良いグラデーションをかけていきます。

STEP
グラデーションをかける
図形の書式設定

図形を右クリック→『図形の書式設定』を選択

グラデーションで塗りつぶし

『塗りつぶし(グラデーション)』を選択

既定のグラデーション

『既定のグラデーション』を選択すると複数の候補を出してくれます。

既定で問題なければ決定。

グラデーションの微調整

その他に細かな種類や方向、角度の設定も可能。

ここらへんは実際に動かしながら調整していくと良いです。

既定のグラデーションだとイメージが違う

大丈夫です。安心して下さい。他の方法も解説していきます。

最も簡単なのは、

グラデーションを貼り付ける方法

参考のグラデーションをサイトからダウンロードし

スライドに貼り付けコピー

グラデーションをクリップボードで貼り付ける

コピーした状態で

『塗りつぶし(図またはテクスチャ)』→『クリップボード』を押すだけ

グラデーションを貼り付けて完成

このようにコピーしたものと同じグラデーションが流体シェイプに塗りつぶされます。

貼り付けるだけなので、本当に簡単。

おすすめです。

参考のグラデーションの選び方

グラデーションは自分でつくるのが非常に難しいです。

なので

「Web gradients」

こちらのサイトを参考にすればとてもキレイなグラデーションを

作成することができます。

PNG形式でダウンロード可能なので、スライドに貼り付けて使用できます。

今回のグラデーションもここからダウンロードしたものを使用しています。

参考サイト

色の選び方はこちらの記事も参考にしてみて下さい

グラデーションを細かく自分で調整したい場合は

『グラデーションの分岐点』を使用して調整する方法もあります。

グラデーションの色を作る

矢印を選択して任意の色を選ぶ 

スポイトで参考の画像から抽出するとやりやすい

グラデーションの色を塗る
グラデーションの完成

4つの矢印に色をはめこむと、完成

このようにグラデーションで塗りつぶしをすると流体シェイプの良さが際立ちますね。

グラデーションをサイトからダウンロードし貼り付ける方法であればとても簡単

すぐに作成することができます。

流体シェイプの参考デザイン

パワーポイントで実際に作ってみたものを紹介させていただきます。

1作品10分程で作成できます。

同色相の組み合わせ

同色相で彩度を変更したり透明度を変更して重ね合わせたもの。

緑のグラデーションを重ねる
赤のグラデーションを重ねる

異なる色相の組み合わせ

多色のグラデーションを重ねる

異なる色相を組み合わせると華やかですが優しい印象で仕上がりますね。

背景への活用

グラデーション背景の作り方

背景に流体シェイプを置き、グラデーション。

そして透明度を上げてみました。

柔らかいイメージを出したいときに良いですね。

YouTubeのサムネイルや、ブログのアイキャッチ、Twitterのヘッダーデザインで活用できそうです。

Twitterヘッダーの作り方はこちら

まとめ

一見難しそうな流体シェイプですが、方法さえわかれば、作業自体はそれほど難しくありません。

  1. 曲線で流体シェイプを描く
  2. 参考サイトでグラデーションを持ってくる
  3. 図形に貼り付ける
  4. 完成

柔らかい印象を持たせたいデザインを作成したいときや、アイキャッチのビジュアルとして重宝しそうですね。

バリエーションも多く汎用性が高いので、デザインの引き出しとして持っておけると良さそうです。

ぜひ参考にして作成してみて下さい。

Webデザインについてもっと学びたいという方におすすめ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる